Skip to main content

The diner

The diner

Shopkeepers and waitresses, it one person young man of customers.

Young man

It has a meal alone. Even though, there is no money. He has  a  coffee. I  think that he is hungry.

Threesome  is incoming.

Two woman , A middle  aged  man. They are laughing out  loud. I do not know what are they talking about. They had drinks  wines, whiskies at the other places. The man wrears a tuxedo , good stout.  Flashy women   put on makeup and  dresses.  They cross their arms. They sit down with loud noises in the box  at the back of a young man, and summoned a waitress in a loud voice, start the order.

Young man frown

Young man to fuss next to the table is frowning. Extra commotion because the belly is decreasing is would be harsh.

Waitress comes carrying the meal.

Threesome continues commotion. But I should say that continues to laugh earnestly. Not notice the waitress that has carried the meal.
Waitress view towards the shopkeeper in trouble, but the shopkeeper has a blind deliberately known. Waitress boldly, raise the loud. What surprised me was the only young man, pretending to not know the shopkeeper, hidden in the back.

Judgment of waitress

The waitress put a meal that has been carried to the next to the young man of the table. Towards the young man, was I have kept you waiting, I think more than orders, had left to say relax please please, and. The young man decided to get a grateful meal.

 The end of the turmoil

Even if the time to be coming to an end young man of the meal, but had continued to laugh threesome, it ended up in the wake of such a thing.

One person is too laugh threesome, flip over, beat a young man of the table.

Seemed middle-aged man tried to touch the breast of the woman, where averted only with bad yo, Nante said, seemed out of balance. It will fall down a young man of the table of the next, despite the remaining few, the meal became ill with a young man. Whether the fall the way was bad, whether made was bad, the table was cracked in Mapputatsu.

apology

Women are poured a small amount of blood to apologize. Stunned to that young man. Middle-aged man is still laughing. And Dakiokoshi the woman fell down with another woman, to sit in the seat. While middle-aged man laughed, he apologized to the woman and the young man who shed blood, pass the wad of much forehead. Breaking the sleeve of the shirt, was the hemostatic wound to the women of the affected area. In addition, pass the money to another woman, I say to leave the store with her women who shed blood. When the two women leave, middle-aged man is again apologize to the young man, I say to call the shopkeeper to the waitress. While the waitress is calling shopkeeper, middle-aged men to the young man, welcome back, and talk. The young man leave the store to say thanks. Shopkeeper appeared in turnover.

protest

At first, it was a middle-aged man who was talking to the effect that compensation for damage to the table, notice that does not come goods orders to your table. It came about an hour after has elapsed. Why, middle-aged man to direct the anger did not carry the meal, to the shopkeeper. Shopkeeper waitress makes a mistake, it is the responsibility of the waitress, and break the ice. Waitress angry, quit as far as today, and leave the store. Compensation are not, say middle-aged man. Protest shopkeeper. Two people quarrel continues.

That young man was waiting outside.

Waitress out of the shop, with just around the first corner, that young man was waiting. Young men who say thank you to the waitress. Waitress that I surprised. If good, somewhere, to the young men to invite, nods waitress. Middle-aged man and the shopkeeper is a state that began to fisticuffs.


食堂

店主とウェイトレス、それに若い男の客が一人。

若い男

一人で食事をしている。といっても、金がないので、コーヒーだけで途方に暮れている。腹が減ったなと思っている。

大騒ぎの三人組が入ってくる。

男一人女二人。大騒ぎである。大笑いをしている。何を話しているのかわからない。だいぶ酒も入っているのだろう。男はタキシード姿、恰幅の良い中年である。彼と腕組む派手なドレスに派手な化粧の女二人も、何が楽しいのか大笑いをしている。若い男のテーブルの隣へ、騒いだままに座り込んで、大声でウェイトレスを呼びつけて、注文を始める。

顔をしかめる若い男

隣のテーブルの大騒ぎに若い男は顔をしかめている。腹が減っているので余計に騒ぎが耳障りだろう。

ウェイトレスが食事を運んでくる。

3人組は騒ぎ続けている。ただひたすらに笑い続けているというべきか。食事を運んできたウェイトレスに気づかない。
ウェイトレスは困って店主の方をみるが、店主はわざと知らぬふりをしている。ウェイトレスは思いきって、大声を上げる。驚いたのは若い男だけで、店主は知らぬふり、奥に隠れてしまう。

ウェイトレスの判断

ウェイトレスは運んできた食事を隣の若い男のテーブルに置いた。若い男にむかって、おまたせしました、ご注文は以上でしょうか、ごゆっくりどうぞ、というと去ってしまった。若い男はありがたく食事をいただくことにした。

 騒ぎの終わり

若い男の食事が終わろうとする頃になっても、三人組は笑い続けていたが、それは、こんなことをきっかけに終わった。

3人組の一人が笑いすぎて、ひっくり返り、若い男のテーブルを倒す。

中年男が女の胸を触ろうとしたらしく、だめよー、なんて言いながら身を反らしたところで、バランスを崩したらしい。となりの若い男のテーブルが倒れてしまい、残り僅かではあったものの、その食事が若い男にかかってしまった。倒れ方が悪かったのか、作りが悪かったのか、テーブルはまっぷたつに割れてしまった。

謝罪

謝る女性は少量の血を流している。呆然としている若い男。中年男はまだ笑っている。もう一人の女性とともに倒れた女性を抱き起こして、席に座らせる。中年男は笑いながら、血を流す女性と若い男に謝り、ずいぶんな額の札束を渡す。シャツの袖を破って、女性の患部に巻いて止血をした。さらに、もう一人の女性に金を渡し、血を流した女性を連れて店を出るように言う。女性二人が去ると、中年男は若い男性に再度謝り、ウェイトレスに店主を呼ぶように言う。ウェイトレスが店主を呼んでいる間に、中年男性は若い男に、帰りなさい、と話しかける。若い男は礼を言って店を出る。入れ替わりに店主が現れた。

抗議

最初はテーブルの破損について弁償する旨を話していた中年男だったが、自分のテーブルに注文の品が来ていないことに気づく。入ってから一時間程度が経過している。なぜ、食事を運ばなかった、と店主へ怒りを向ける中年男。店主はウェイトレスが間違えた、ウェイトレスの責任である、と言い出す。ウェイトレスは怒って、今日限りでやめる、と店を出る。弁償はしない、と言う中年男。抗議する店主。二人の言い合いは続く。

外ではあの若い男が待っていた。

ウェイトレスが店を出て、最初の角を曲がったところで、あの若い男が待っていた。ウェイトレスにお礼を言う若い男性。驚いてみているウェイトレス。よかったら、どこかで、誘う若い男性に、頷くウェイトレス。中年男と店主は殴り合いを始めた様子である。

Comments

Popular posts from this blog

music 043 electronic minor music sketch

Born to run

Standin' on the corner

Will to freedom



Born to Run

Sweet Jane
Rock'n Roll


Yeah, it's alright.

music 036 ambient fantasy